日経平均大相場「3万円説」 株価高騰は東京五輪まで続く?

連日の上昇が続いて、「2万円」の大台が見えてきた日経平均株価。個人投資家の中には「そんなもんじゃない」「まだまだ上がる」などと鼻息を荒くする人もいる。 2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されるが、「それまでは株価も上がる」との見方は少なくない。先行き、「2万5000円」「3万円」の株価を予測する専門家もいる。 日経平均大相場「3万円説」 株価高騰は東京五輪まで続く? J-cast
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。